アクセスカウンタ
プロフィール
京橋博士
京橋博士
朝日放送ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(2009年3月終了)元リスナーです。
個人のメモ帳みたいなものですが、よろしくお願いいたします。
Information
オタクの電脳

2009年12月23日

「アバター」に感動!

話題の超大作SF映画「アバター」

特撮映画界の巨匠ジェームスキャメロン監督が「タイタニック」以来12年ぶりに手がけた超大作です。

最近、映画から離れていましたが、久しぶりのイベントムービーなので早速観に行ってきました。

さて、この作品を鑑賞する前にネット上での評判をチェックしました。
そこには…
「字幕版を3Dで観たら、字幕が浮き気味で少し見辛かった…」
なるほど…良い情報です。
だったら、3Dで見るなら「吹き替え版」で鑑賞すればよい…
ということで、「3Dの吹き替え版」を購入。




確かに、3Dで字幕を「読む」のは目に良くないような感じがしますね。

いよいよ、上映開始。
専用メガネで映画を楽しむのですが、これがおもしろい





「飛び出る飛び出る…映画が飛び出る…

自然な感じの立体映像です。
3D作品はこれが初めてなので、かなり楽しめました。


それと映像です。
「ナヴィ」という異星人が登場しますが、これが全てCGで描かれています。
このCGのクオリティーが素晴らしい





ナヴィの表情が実に細やか
これは正に、「デジタルアクター」ですな~

ターミネーターの「リキッドメタル」で驚いた頃から約20年…
現在でもCG技術の進歩は止まりません。


さて、肝心のストーリーですが、やはりジェームスキャメロン監督です。
ストーリーに全く無駄がない。
主人公が下半身不随の身であり、アバターに変身してナヴィの世界に潜り込むことによって「自分を取り戻す」という世界観も良い。

一方、「アバター」というパラレルワールド的な世界観は「マトリクス」に似ていますが、クライマックスシーンでは監督自身の作品「アビス」ようなスペクタクルに満ちていました。
キャメロンの「お芸」全開です。


かなり満足のいく作品でした。


さて、この作品にちょいと疑問が…

シーンの中で、主人公ジェイクの分身はナヴィの娘と「パコパコ」します。
いわゆるラブシーンです。
ジェイクにとってこの「性行為」は、いわゆる「ヴァーチャル」な世界で行っております。
ラブシーン後、ジェイクは現実の世界に戻ってしまいます。
現実の世界では下半身不随の身…これは厳しい現実…
ジェイクのラブシーンは「夢の世界」の出来事なのです。


うん??
これは、多くの男性が経験した「あれ」じゃないか??

夢精

ジェイクは夢精をしたのかな…?
と、いらん妄想をしてしまいました…







同じカテゴリー(◎ 映画)の記事画像
トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入
ナイトミュージアム2
ロボットの”肉”弾戦!
確かに”意外な結末”なんだが…
007/慰めの報酬
〔2008ベストシネマ④〕ダークナイト
同じカテゴリー(◎ 映画)の記事
 トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入 (2009-12-20 21:50)
 ナイトミュージアム2 (2009-08-24 00:39)
 ロボットの”肉”弾戦! (2009-06-21 00:49)
 確かに”意外な結末”なんだが… (2009-05-22 01:11)
 007/慰めの報酬 (2009-01-29 22:46)
 〔2008ベストシネマ④〕ダークナイト (2008-12-26 21:41)


この記事へのコメント
ネタバレ大杉
品がないね君は
Posted by ミラクル部長 at 2009年12月23日 23:50
ミラクル部長さん

ネタバレ大杉の指摘ですが、
「映像きれいだ」「映画が飛び出る」「ストーリーに無駄がない」等の主観的な感想であり、ネタバレ関してはほとんど無いと考えております。

映画ネタに関しては、ネタバレに極力注意していますが、筆が走りすぎて若干のネタバレが出てくる可能性もあります。
もし気になるようでしたら、「具体的」に指摘をお願いいたします。

品のないのはいつものことです(笑)
これは失礼しました。
Posted by 京橋博士京橋博士 at 2009年12月24日 00:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。