アクセスカウンタ
プロフィール
京橋博士
京橋博士
朝日放送ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(2009年3月終了)元リスナーです。
個人のメモ帳みたいなものですが、よろしくお願いいたします。
Information
オタクの電脳

2009年06月21日

ロボットの”肉”弾戦!

”のっち”に続いて”かしゆか”の恋愛報道に対するショックを癒すわけでもないのですが、痛快で楽しい映画を観てきました。

「トランスフォーマー・リベンジ」です。

前作「トランスフォーマー」は、変身ロボットという小さな男の子向きのアニメによくある世界を実写で描き、その映像のクオリティーの高さに話題が集まりました。

もちろん前作も劇場で観たわけですが、トランスフォーマー軍団の変身シーンは本当に鳥肌モノでした。
大型トレーラーや戦闘機がロボットに瞬時に変身するシーンをスクリーンで観た際には、感動して大粒の涙を流したものです。

さて、シリーズ2作目の「~リベンジ」
前作よりさらにパワーアップしています。

冒頭からトランスフォーマーの激しい戦闘シーンで始まります。
もう、ここでヒートアップ…
主人公の大学生活のストーリーが間に入ってきますが、映画の大半は戦闘シーンで続きます。

この戦闘シーンがめちゃくちゃすさまじい…
トランスフォーマー軍団の戦闘に人間の軍隊も加わるので、グチャグチャの様相になります。
あまりにも激しいので、どっちが「悪の軍団」か「正義の軍団」分からなくなってしまいます。

そしてラストは激しすぎる戦闘シーンが長々と続きあっけなく「ジエンド」

本当に楽しい作品でした。

だだし…
見終わった後には、何も余韻が残りません。
「なんかロボットがたくさん出てきて、ドッカンドッカンやっていたな~」ってな印象しか残りませんでした。

この作品にストーリー性を求めてはいけません。
とにかくロボットの戦闘シーンを見たい…そんなニーズには十分に答えてくれる作品です。
DVDが出たら、戦闘シーンだけを何度も繰り返して観るような楽しみ方ができます。
ストーリーは”どうでもいい”のです(笑)


以下の写真は、昨年ラスベガスで開催されたCES2008で展示されていた「バンブルビー」
実物大?でしょうか、凄くかっこ良かった~





同じカテゴリー(◎ 映画)の記事画像
「アバター」に感動!
トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入
ナイトミュージアム2
確かに”意外な結末”なんだが…
007/慰めの報酬
〔2008ベストシネマ④〕ダークナイト
同じカテゴリー(◎ 映画)の記事
 「アバター」に感動! (2009-12-23 23:32)
 トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入 (2009-12-20 21:50)
 ナイトミュージアム2 (2009-08-24 00:39)
 確かに”意外な結末”なんだが… (2009-05-22 01:11)
 007/慰めの報酬 (2009-01-29 22:46)
 〔2008ベストシネマ④〕ダークナイト (2008-12-26 21:41)


この記事へのコメント
京橋博士様
コメント、有り難く頂きました。私、ブロガーとしては未熟者ですが、博士と共闘出来るなら嬉しく思います。
今後とも宜しくお付き合いをお願い致します。
因みに私、「モビルスーツに例えたらなあ、自分、リガズィ並に使いにくいで」と言われて以来、何でも出来るザクに憧れてます。
Posted by 昼間に出てもバンデル星人 at 2009年06月21日 14:54
バンデル星人さん
私のブログもまだまだ未熟な点がありますが,お互いおた電ブログにおいて「補完」できるような関係でやっていきましょう!
Posted by 京橋博士京橋博士 at 2009年06月22日 08:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。