アクセスカウンタ
プロフィール
京橋博士
京橋博士
朝日放送ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(2009年3月終了)元リスナーです。
個人のメモ帳みたいなものですが、よろしくお願いいたします。
Information
オタクの電脳

2008年12月26日

〔2008ベストシネマ④〕ダークナイト

前回に引き続き2008年ベストシネマその4
今回は「ダークナイト」です。

アメリカではかなりヒットしたそうですが、日本ではさほどヒットしませんでした。
一方、似たようなアメコミ作品で「アイアンマン」も上映されましたが、これもいまいち客が入らなかったそうです。
新聞記事で読みましたが、金持ちが主人公の映画は敬遠されるようです。

これも文化の違いでしょうか?
欧米では騎士の文化があり、実力者は世のため人のため率先して戦に向かうのですが、日本では単なる金持ちの道楽にしか見えないようです。

さて、作品は「ヒットしなかった…」と言われていますが、話題性の高い作品でもありました。
バットマンの映画ですが、タイトルには「バットマン」がありません。
しかも、主役のはずのバットマン以上に宿敵のジョーカーがかなり目立っており、バットマンシリーズとしては異色の作品でした。
作品のテイストも非常に暗く、見終わった後は結構ベビーな気分になります。

この作品に関しては様々な感想がありますが、私が思うには「ピュアな人間は最強かつ恐ろしい…」ということです。
ジョーカーは本当に純粋な悪党です。
それ以上それ以下でなく「悪」対して完全にピュアです。
そのため、悪事に対しては全くブレが無くそのまま突き進んでいきます。
そして、その悪事を働くことによって純粋に喜びを感じています。

世の中に天才と称されている人たちがいますが、彼らもジョーカーごとくピュアな人間ではないでしょうか?


同じカテゴリー(◎ 映画)の記事画像
「アバター」に感動!
トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入
ナイトミュージアム2
ロボットの”肉”弾戦!
確かに”意外な結末”なんだが…
007/慰めの報酬
同じカテゴリー(◎ 映画)の記事
 「アバター」に感動! (2009-12-23 23:32)
 トランスフォーマー・リベンジ Blu-ray Disc購入 (2009-12-20 21:50)
 ナイトミュージアム2 (2009-08-24 00:39)
 ロボットの”肉”弾戦! (2009-06-21 00:49)
 確かに”意外な結末”なんだが… (2009-05-22 01:11)
 007/慰めの報酬 (2009-01-29 22:46)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。