アクセスカウンタ
プロフィール
京橋博士
京橋博士
朝日放送ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(2009年3月終了)元リスナーです。
個人のメモ帳みたいなものですが、よろしくお願いいたします。
Information
オタクの電脳

2010年12月27日

真剣勝負!オレラジオ

今月の23日、この日は休日だったので竹内アニキの定例トークイベント「オレラジオ」に久しぶりに参加しました。

今回は、ツイッターでお互いフォローしているお仲間と参加しました。
メンバーはツイッター仲間の「サミー嬢」と「ひ~ちゃん」さん。それと毎度おなじみ「おた電ブロガー」の「まころん」さん。まころんさんは名古屋在住ですが、休日だったのでわざわざ遠くから来られました。

我々一同はオレラジオ開演前に難波のオシャレな喫茶店に入り、スイーツを楽しみながら開演前の時間を潰しました。

ここで、なぜか「森光子と東山紀之の性生活」について話が盛り上がりました。

サミー嬢は「東山と森光子はバコバコしているに違いない!」と主張。
この意見に対してまころん氏「森光子はもう80歳過ぎてまっせ、さすがにバコバコできんでしょ…」
私も「二人はプラトニックだって…」と反論。

しかしサミー嬢は譲りません。
「女はいつまでたっても女よ!ほら森光子はプラセンタやっているでしょ?今でも現役だよ…」と…。

そんな会話で盛り上がる我々…オシャレな喫茶店…明らかに場違いです。

さて、時間になりオレラジオの会場イベントハウス「なんば白鯨」へ移動。
会場前へ並んで待っていました。
…すると、しばらくして我らが竹内アニキが颯爽と登場!

会場前に並んでいる我々の前を竹内アニキが足早に通り過ぎました。
「あっ竹内アニキ、おはようございます!」と声を上げる私。

「おはようございます…」と竹内アニキが小声で応えていただきました。
しかし、竹内アニキ…
アニキの表情はかなり緊張した雰囲気を出していました…
じっと一点を見つめ、真剣な表情の竹内アニキ。

これはまさしく、「勝負前」の男の表情です。
それは「土俵に向かう横綱白鵬」「リングに上がるノゲイラ」「スタジオに入る矢沢永吉」と全く同じなのです!!
オレラジオに挑む竹内アニキは真剣そのもの!


さぁ~いよいよオレラジオの始まりです。

竹内アニキがステージに向かいます。

この日はクリスマスイブ前日。冒頭、竹内アニキはクリスマスの話題をあげます。

「クリスマスのセックス率は推定32%である」とアニキ。

ここでアニキが告白します。
「私は一度もクリスマスにセックスをしたことはありません!…ただし、オナニーは何度かあります…」

ここで例によってアニキの大好きな「オナニー話」へ移ります。

アニキ曰く、「こっそりオナニーやってもすぐ周りにバレる」と…。
なぜなら「オナニーやっている振動が周りによく伝わる」と言います。

さらに、「一人のオナニーのエネルギーはかなり大きい」と竹内アニキ。
「全世界のオナニーのエネルギーを集めれば原子力発電所一機分だ」とアニキは壮大な主張を提示。

アニキのオナニー話に真剣に聞き入るサミー嬢。
サミー嬢は「うんうん」と深くうなずきながら持参したノートにメモを書き入れていました。

さて、話題は大桃美代子の「麻木―山路不倫暴露事件」について言及。

大桃美代子さんは、年に何度か新潟の実家へ帰って「米作り」に精を出しているといいます。
竹内アニキは大桃さんを「米好き」と称します。
一方の大桃さんの元夫山路氏をメコ好き」と断言。

「大桃さんはコメ好き、山路さんはメコ好き!」…韻を踏んでいます!

このフレーズを出したときの竹内アニキの「どや!顔」がとても印象的でした。
一方のサミー嬢は相変わらずメモを取っていました。


そんな、アニキのトークが2時間ほど続き終了。
会場は終始熱気に包まれていました。
アニキの熱いトークで快い余韻に浸る我々…

アニキのトークイベントに参加して気がついたのですが、竹内アニキはご自身のネタ帳と思われるノートを確認しながら語っていきます。
ノートに記したメモを一個一個指でなぞりながらトークを進めます。
一見、思いついたことを適当に話しているように思われますが、実際はそんないい加減なことはしません。

「大桃さんはコメ好き、山路さんはメコ好き」というフレーズも、アニキが綿密に計算して編み出したものなんです。適当ではないのです!


真剣勝負オレラジオ!

竹内アニキトークは真剣勝負なのです。




  

Posted by 京橋博士 at 02:22Comments(4)∇ 竹内義和さん

2010年12月13日

ごんべ忘年会

先日、我々サイキッカーの忘年会を開きました。
場所はおた電ブロガーで天満橋テラの忘年会でご一緒しました「みき」さんのお好み焼き屋さん「ごんべ」です。

忘年会を開いたきっかけは、私か何気なく書き込んだツイッターです。
一ヶ月前ぐらいに「忘年会をやりたいね…」と書き込んだところ、私のツイットを読んだ何人かのフォロワーさん達が「是非ともやりたい!」という声があがったため、この流れで忘年会を開いたわけです。

私が「言い出しっぺ」だったので、そのまま私が幹事になってしまいました…
私はこういったイベント関係の幹事を経験したことが無かったので無事に開催できるか…と少し心配していましたが、幸い、サイキッカーを集めたイベントを開催した経験のある「みきさん」のおかげで、忘年会は大いに盛り上がりました!


さて、忘年会ですが、お好み焼きの忘年会とは私にとって初めての経験です。






でも、お好み焼き焼きそばと言ったモノは凄くビールと合うのですね~
もちろん、ごんべのお好み焼きは旨い!!

忘年会が始まりしばらくして、スペシャルゲストが来場しました!
我らが竹内さんとおた電ブログ運営会社の社長土岐さんが来られました!!

突然のスペシャルゲストの来場で会場は大いに盛り上がりました。

さてさて、今回開かれた忘年会は「裏」で密かな仕掛けが進めれれていました




実は忘年会の当日、東京の新橋で誠さんと関東方面のサイキッカー達の忘年会が開かれていました。

こちらの大阪と東京の誠さん達との間でスカイプを使った生中継を試みました。

竹内さんの前にパソコンを広げます…
パソコンには東京の新橋テラから映像が流れるはずです…




パソコン食い入るように見つめる竹内アニキ…
予定では新橋の誠さんの映像が流れますが…
あれあれ??なかなか映らない…
携帯電話で新橋の幹事さんと連絡を取り合いカメラのセッティングを行います…

う~ん…なかなか出てこない…
竹内さんも「まだかまだか…」という様子です。




しばらくすると…、ん?見覚えのある顔が流れてきました。




お??これは!!
あああっ!





さんキターーーーーーーーーーーーーーー!!!!!






ようやく誠さんの映像が流れてきました!
会場から大きな拍手が鳴り響きます!
パチパチパチ…





よかったぁ~~、どうなるかと思いましたよ(笑)

ようやく、東京の誠さんと繋がったところで竹内アニキとの対談です。
「誠さん~元気にしてますかぁ?」
という、実にたわい無い会話です。

まぁ、わざわざスカイプで中継するほどでも無いかもしれませんが…、誠さんと竹内さんとの面会は大成功でした!


さて、竹内さんです。
普段は寡黙な方と聞いていましたが、会場の雰囲気が良かったのでしょう…竹内さんのお得意の恋愛話(エロ話??)や映画評論をたっぷり聞かせていただきました。

特に竹内さんの「アニキ流」女の子の口説き方は大いに参考になりました。
竹内アニキの殺し文句は「僕のおちんこを君のお◎◎んこに入れされて!!」
実にシンプル!!シンプル・イズ・ベスト!ですね。
あとは、これを実践するのみです…ですが……実践できるかなぁぁ???

忘年会は大いに盛り上がって終了!

いやぁ~~実に楽しい忘年会です。
職場の忘年会より1000億倍楽しいですね!!
また、何かの機会があればこういったイベントを開きたいですね。


忘年会に参加された皆様お疲れ様でした。

また、会場を夜遅くまで貸していただきましたみきさん、ご多忙の中、忘年会に来てくださいました竹内さん土岐さん両氏にお礼申し上げます。



  

Posted by 京橋博士 at 01:18Comments(6)∇ 竹内義和さん

2010年09月25日

「オレラジオSP」に参加

竹内アニキのラジオテイストトークイベント「竹内義和のオレラジオ」に参加してきました。
このイベントは、ライブシアターなんば白鯨にて毎週木曜日に開催されている定期イベントで、今年の春から行われています。実は、このイベントに参加するのは今回が初めてなんです。

サイキックフリークの私とって前々から気になっていましたが、平日のイベントなので仕事の都合上なかなか参加できませんでした。

幸いなことに、イベントが開催された9月23日は祝日だったので気兼ねなく参加することができました。

さて、今回のイベントは祝日開催なので、スペシャル企画として特別ゲストが招かれました。
特別ゲストとは…
なんと、あのサイキックでおなじみの「ジャンプ藤井氏」が登場するのです!!

アニキとジャンプ氏との「トークセッション」
サイキック青年団が「休止」(終了じゃないよ休止だよ)してから、初めてのサイキックファミリーのイベントになります。

ジャンプ氏が出演するとのことで、会場は立ち見客が出るほど大入りの満員でした。
熱気に満ちた会場…

開演時間となり、我らが竹内アニキが颯爽と登場。

ここからアニキのノンストップトークが始まります。
アニキのトークはいつもの調子で至って快調!!

竹内アニキの「世相を斬る」というトークスタイルで、アニキ独自の鋭い「視点・論点」が提議されます。

たとえば、アニキは「子供店長」に対して厳しい発言をします。
あの手の子供タレントは「いかがなものか?」と…

子供店長も後に大人になる…
アニキ流の表現として、ちょうど「チンチンが痒く感じる頃」がターニングポイントだと…
さらにアニキ「チンチンの皮が、先っぽのところだけ剥ける頃ですよ!」と…
ズル剥けじゃない微妙な年頃に子供店長は変化するとのことです。

そこでアニキは、子供店長がいつまでも子供であり続けるためには、エマニエル坊やのように特別な処置が必要だと。
と、最後にいつものように「エマニエル坊やはオッサンでっせぇ…」とアニキ。

毎度この手の話になるとアニキは「どやぁ!」と得意な顔になります。


さて、こんなトークがしばらく続き、後半戦にジャンプ藤井氏が登場。
ジャンプ氏は今年結婚したばかりの新婚さんです。

そんな新婚ホヤホヤのジャンプ氏に竹内アニキは攻めます。
「エッチするときはどんな感じでするねん?」
さらに…
「子供作るときは、中出しするんやなぁ!いつ中出しするねん?」

と、アニキ嬉しそう…

まぁこんな感じのトークで終了。

個人的にはジャンプ氏と奥さんとの出会いなど、結婚に至るまでの経緯について聞きたかったモノですが、このへんはあまり触れずひたすらお二人の風俗体験話でした。

どうもこれも竹内アニキ流のインタビューなのです。
「ぬるい」ことは聞かない主義とか。

ここで少し気になったのですが、会場には何人かの女性がいました。
女性達はアニキのあのゲッスいトークで満足されたのでしょうか…?女性達がサイキッカーならまだしも、普通の人なら…??

ツイッターで当時居合わした人に聞いてみたところ、その女性達はサイキッカーでなく、なんと普通の人だったとか!?…しかし、竹内アニキのトークで大変満足されたようです。ほんまかいな?(笑)
(コンドーム付けたままうっかり小便して、コンドームを膨らましたとか…で?)


まぁ、相変わらずのトークイベントですが、竹内アニキの一人語りはもちろんのこと、ジャンプ氏とのトークも最高におもしろかったです。
ほんと、笑いっぱなしでしたね!!

さて、今回はのゲストはジャンプ氏…サイキックファミリーですね。
次回のスペシャルゲストは…

さんで……

あ~ぁ~~~~…サイキック復活させてぇ、神様ぁ~~~~(桑原和男をイメージして…)

※次回ゲストは「板井さん」か「平野秀明さん」かな??




  

Posted by 京橋博士 at 20:11Comments(0)∇ 竹内義和さん

2010年09月05日

真夜中の”怪談パーティー”

8月22日(土)開催、怪談イベント「オールナイト恐怖夜話 ~恐怖体験集会 すべて言いたくて…夏~」に参加しました。

夜の10時から翌朝5時頃までの長丁場のオールナイトイベントで、朝まで怪談話を語り尽くそうという、めちゃくちゃ濃い企画でした。

イベントを仕切るのは我らが竹内義和先生
吉本、松竹の若手芸人が多数出演して各々が怪談を語り、司会の竹内先生が披露した怪談話にコメントを入れるというスタイルで進めます。

さて、イベントのオープニングですが、サイキック青年団でお馴染みのリスナー「縛りやトーマス氏」が、ステージでネタを披露。
インディーズ芸人の縛りやさんは、竹内アニキのラジオイベントで皆勤賞を貰ったため、オープニングで縛りやさんのネタを披露することになったようです。

縛りやさん、ボクサー姿で登場…ロッキーのテーマソングが会場に響きます。
縛りやさんが手にするのは、AVデビューを果たした元AKBのやまぐちりこのDVD
やまぐちりこのAVを高らかにあげて叫びます。
シルベスター・スタローンならぬ「シルダシタ・コスッタローン」

いわゆる、やまぐち嬢のDVDを手に入れたオナニー少年の喜びを表現したかったと思いますが、おそらくほとんどの観客は理解できなかったと思います。(私は面白かった)

縛りやさんのステージが終了して少し「ぬるい」会場の雰囲気になりましたが、ここからひたすら怪談です。

さすが、怪談話を始めると、会場の雰囲気が張り詰めてきます。

そんな怪談話を進める中で、終始竹内アニキはフル回転です。
夜中の3時頃…アニキはヒートアップ。

強い霊感少女の話題のとき、アニキは「エッチをすると女性は霊感が弱まる」と解説…
特に「アナル」の効果は大きい…「アナルセックスをすると格段に霊感が落ちると…」竹内アニキ。

さらに、「やらしくないセックスってあるんですか?セックスはやらしいものですよ!」
と竹内さんの”斬新な?”セックス論を展開。
さらに…「やらしくないセックスとは想像できませんね…例えば男女が正座して向き合いながら、男がチンチンを挿入するのですか?服も脱がずにチンチンだけ出すのですか?…」と熱く語ります。

この手の話になると、必ずアニキは得意そうな顔をします(笑)
「どや!ええところ突いているやろ~」という感じで。

っで、なぜ怪談話からアナルやら正座しながらセックスだのになるのか…(笑)

しかし、アニキは相変わらず元気です。
竹内アニキは司会を務められているので終始ずーっと話し続けていました。
アニキは、このイベントの前々日に単独トークイベント、前日には夜遅くまでトークイベント。さらに、このオールナイトイベントの当日昼にはサイン会にトークイベントをこなされています。
アニキの体力は半端でありません…凄いですね、さすがアニキ。

アニキは金蛇精でも飲んでいるのかな?
「ナイスイン!ナイスショットだよ!女房もご機嫌でね、元気!元気!のCMでお馴染みの…」


さて、縛りやさんのオープニングですが、ステージの前から2列の席で「昼間に出てもバンデル星人」と一緒に見ていました。

ステージには縛りやトーマス氏。隣には竹内アニキが暖かく見守ります。
私の横には、昼間に出てもバンデル星人さん…

ある意味、濃い空間が生まれましたが、私にとっては感激の瞬間でした。
サイキックはなくなってしまいましたが、こうやって今も繋がっているのです。
そう思うと、胸がキュンとするような感じがしてしまいます。



  

Posted by 京橋博士 at 03:40Comments(6)∇ 竹内義和さん

2010年03月14日

アニキと過ごすステキな夜

兄貴ボンバイエの終了後、打ち上げに参加しました。

実のところ、当日まで打ち上げに参加するかどうか迷っていました。
シャイな性格の私…、初対面の人と話したりするのが苦手なタイプなのです。
…しかし、打ち上げにあの竹内義和大先生も参加されるのです。

「アニキに直接お会いしたい…」

そんなピュアな気持ちに押され、勇気を振り絞って打ち上げに参加した次第であります。

さて、打ち上げ会場はスタジオZAZAの下の階の居酒屋「まるかみ水産」

私は土岐さんと同じテープルに…
土岐さんから「欲望が渦巻く国」のリアルな実情をたっぷりと語っていただきました。
この中国エピソードがめちゃくちゃ面白い…

一方、中国の話題もさることながら土岐さんの個性的なキャラに圧倒されました。
スケールがめちゃくちゃ大きな人…
エネルギッシュで目をギラギラしています。

「子どもの頃からスーパーヒーローに憧れていた…自分はそんなヒーローに近づきたい…」
少年の表情浮かべる土岐さん。

そんな土岐さんの「豪快な生き方」に感銘を受けました…私と全く正反対のタイプです。
やはり出世する人は違いますなぁ…

土岐さんと語らいをしている間、ぬまっちさんが私たちのテーブルにやってきました。

ぬまっちさんは大変気さくな方です。
ぬまっちさんはもちろん芸人さんなので、芸能楽屋ネタ?っぽいお話をいただきました。
まぁ、この話がおもしろいこと…

ここで、出演者の「らび」さんの話題に…
ぬまっちさんが「らびさんは飯星景子に似ている」と…
なるほど…確かにらびさん飯星景子によく似ているなぁ。



打ち上げ会場で写真を撮らせていただきました「らび」さんです



【参考】飯星景子


らびさんは美人さんですが、どこかで見覚えのある顔だなぁと思いきや…なるほど。
そんな「らび」さんの話題の間、アニキと土岐さんの目はギラギラしていました。

しばらくして、ぬまっちさんが気を遣っていただき「竹内さん、こちらにサイキッカーがいますよ」と隣のテーブルにいらっしゃる竹内先生を私に紹介してくださいました。

竹内さんが私に向かいます。
緊張する私…
「初めましてブロガーの京橋博士です…」

「あ~どうもどうも!」と竹内さんは優しく微笑んでくださいました!!

「ブログでサイキックを復活せよ…とか好き放題に書かせてもらっています」
ってな具合に冗談を言う私。

「あ~そうですか…」と満面の笑みで応えていただきました。

竹内アニキが私の隣にいらっしゃる…
もう、のようです!

あぁ…20年前の昔から聞いていたラジオの「お兄さん」
私の人生に多大な影響を受けたあの竹内大先生…
ぬまっちさんが私を見て「竹内さん、隣のサイキッカーがうっとりしてまっせぇ…」と指摘を受けました(笑)

さて、こんなチャンス二度と取り逃がすまい…と早速カメラを用意して写真を撮らせていただきました。



ありがとう!アニキ!
俺の心のアニキ…

そうこうしているうちに、打ち上げはエンディングに…

そんな中、ステキな猫のイラストを描かれている「猫絵」のひふみ 慶さんから、素晴らしい猫ちゃんのイラストをいただきました!
ありがとうございます、今、私の部屋に飾っていますよ。




また、おた電のスタッフさんから「サイキックトランプ」までいただきました。
これはレアものです。



帰り道中…終電が無いのでホテルで泊まることに。
泊まる場所がない私でしたが、打ち上げ参加者でサイキッカーのUさんから、近くのホテルを紹介していただきました。

そのホテルでUさんとサイキックについて熱く語らいました。
普段、私の周りにはサイキッカーなど”濃い話”ができる人がいなく、悶々とした毎日を送っていました。
Uさんと語ることで、今まで溜まっていた感情や思いなど全て吐きだした感じになりました。
ほとんど私が一方的に熱く語ったような感じでした。
Uさん…私の語りに付き合っていただきましてありがとうございました!

打ち上げ会場には多くのおた電ブロガーのみなさまが参加されたようですが、なかなかお話しすることができませんでした。
また、何かの機会があればお声をかけてください。
(私はシャイな性格なので…)

また、ステキな打ち上げをセッティングしてくださいました土岐さまに感謝申し上げます。


  

Posted by 京橋博士 at 23:12Comments(6)∇ 竹内義和さん

2010年03月13日

「兄貴ボンバイエ」に参加しました

待ちに待った兄貴ボンバイエ
12日、中座くいだおれビルスタジオZAZAにて開催されました、「兄貴ボンバイエ」に参加しました。

「アニキ」といえば、そう…サイキッカーならご存じ竹内義和大先生なのですが、竹内先生はこのオタクの電脳の総合プロデューサーを務める「重鎮」なのです。
おた電の「ドン」竹内アニキが率いるイベント…言わば、オタクの電脳の「お祭り」なのです。
お祭りらしく、オタ電の有名ブロガーさん達が総出演でした。


ところで、このイベントに参加する際、おた電ブロガーの「まころん」さんとお互いのブログ上で連絡を取り合っていました。

18時45分頃到着。
ケータイで自分のブログをチェックします。
「博士様は会場入りされましたか?私は今、入りました。」
と、まころんさんからメッセージが…

「後ろの席でベレー帽をかぶっているのが私です」

と、まころんさんのブログに書き込み。

お互いメアドを知らないのでブログ上で連絡を取り合っているのです。
数分後…私の真ん前に座っていた男性が振り向きました。
「博士さんですか…?」

おやぁ?、まさか私が座っている真ん前の男性がまころんさんとは…(笑)
まころんさんと挨拶を交わしている間にイベントが開始。

出演者は全ておた電のブロガーさんです。

まず、トップバッターは「らび」さん。
華やかなメイド衣装で登場。
らびさんはお得意のアニソンを披露。
らびさんの笑顔がとても印象的でしたよ。

続いてぬまっちさん。
竹内アニキがぬまっちさんの芸を「飛んだりはねたり…」と称していましたが、飛んだり跳ねたりするような単純なものではありません。
会場に独特な空間を生み出す魅力的なネタを披露されました。

そして、ナオユキさん。
ナオユキさんのネタはグイグイと引き込まれます。
そのネタのひとつ…
「ウイスキーは”チョコ”が合うだと?…俺はグラスで飲みたいわ」
なるほど…(笑)

ラストは竹内アニキとナオユキさんのスライドショー。
竹内アニキがご自身のお宝を披露されるわけですがこれが強烈
ちょっと強烈すぎました。

アニキ秘蔵の「三流エロ雑誌」の巻頭グラビアを披露します。
その巻頭ページです。
普通、巻頭ページには一押しのモデルを掲載し、雑誌の中で「一番かわいい娘」が登場するはずです。
ところがこのエロ雑誌…登場する女の子?がまぁこれが凄いこと…

林真理子似のブッサイクなオバハンでした…
グラビアには「私の乳首をもっと舐めて」だのエロイ活字で挑発していますが、私はもう結構ですわ…(笑)

この三流エロ雑誌もさることながら、こんな雑誌を大事に保存しているアニキも大したものです。

イベントのラスト…
お待ちかね、土岐さん中国みやげの抽選会です。これが豪華賞品盛りたくさんでした。
景品の目玉は、盗撮ビデオカメラ…
一見普通の腕時計ですが、なんと数字時間の動画撮影できるとか…これは欲しい!

らびさんと「萌え萌えじゃんけん」をして、じゃんけんに勝ったら景品を貰えるわけですが、私がゲットした景品はこれです…




「ちびまるこちゃん」財布

当然ながらちびまる子ちゃんの版権は取っていません。つまりバッタものです。
しかし、普通のキャラクター財布ではありません。

なんと時計がついていますよ!
時間が分かる財布、画期的です!





ステキな財布をいただきました。土岐さんありがとうございました。


さてさて、イベント終了後…
出演者と参加者との打ち上げに参加させていただきました。

ついに、あこがれのアニキとの遭遇です。

打ち上げの件については別記事で…


  

Posted by 京橋博士 at 17:58Comments(5)∇ 竹内義和さん

2010年02月28日

「竹内義和×大槻ケンヂ 達観のススメ2」に参加

26日、ワッハ上方演芸ホールにて開催されました「竹内義和×大槻ケンヂ 達観のススメ2」に参加しました。

今回で2回目となる竹内アニキと大槻ケンヂさんのトークセッション。
大人の二人が語る「粋なトーク」というコンセプトなんですが、前回のライブでは竹内アニキの「下ネタ暴走特急」でした(笑)

さて、今回のライブ…今度こそは「大人なトーク」を繰り広げるのでしょうか?…
と思いきや…
今回もアニキの「お得意」のネタでスタート。

いきなり冒頭からオナニーネタでした(笑)

最近のアニキは「オナニー」に変わる格好いいネーミングについていろいろと考えているようです。
(ちなみにオナニーはドイツ語なんですね)

例えばオナニーを「木村カエラ」から取って「カエラ」という名にするという…
つまり、「オナニー」をするを「カエラする」と…アニキは得意そうに語ります…
(木村カエラさん、これ聞いていたら怒りまっせぇ…)

さらに大槻ケンヂさん、だったら「Perfume」でもいいじゃない?と被せます。
それを聞いて「おぅ、それいいねぇ~」と…アニキはニヤリ。


続いて女子フィギュアスケート。
アニキはスケーターのコスチュームを柔軟にすべきだと持論を展開。
もっと「露出を増やすべきだ」と熱く主張。

例えば、Tバックショーツを身につけてTバックをパンチらしたら点数を上げるとか…

アニキ…50過ぎてまだそんな考えなんですか…(笑)
それでもアニキ、「パンチら加点」で嬉しそうに語っておられました。


さらにアニキ、これをしかるべき所へ嘆願書を提出すべきと真剣に語ります。
それを聞いて大槻ケンヂさん…「それ、男子中学生みたいな発想ですよね…」と突っ込むと、
アニキは「中学生のような素直で純朴な意見が通りやすいのですよ!」
さすがアニキ…いつもの「負けず嫌い」です(笑)

しかし、竹内アニキの「Tバック」コスチューム…
これを聞いて思い出しました。

ミキティーこと安藤美姫です。
そう、安藤美姫さんは既にTバックコスチュームでフィギュアをやっています。

 




(このブログで取り上げました【エロイぞ!ミキティ!】)

これなんですね…
さすがミキティー…アニキの妄想をやってのけておりますなぁ~

さて、こんなトークが冒頭からしばらく続いていましたが、私の前に座っていた女性の方々はアニキらのゲッスイトークに対してぴくりとも反応していませんでした。

ハンサムな大槻ケンヂさんだからでしょうか?場内には多くの女性客が詰めかけていました。
そのためか…アニキの下ネタで場内は静かに…
そんな中、私だけが一人ゲラゲラ大声で笑っていました。
アニキの下ネタは大好きですよ!


一方、こんなゲッスイ話ばかりではありません。
UFOネタ、アイドル歌手の「ファニーボイス」など、濃いネタが盛りだくさんでした。

最後に、大槻さんとアニキらのミュージックライブ。
アニキのオリジナルソングが身近な人を題材にしてあってとても印象的でした。

今回もステキなトークライブでした。
次回、パート3も楽しみにしてますよ!
あっそうだ、次はおた電祭りのアニキボンバイエですね。
昨年のイベントはとても面白かったので、今回も期待大です。


今回の公演にて、会場で土岐さんにご挨拶をしました。
開演直前の忙しい中にもかかわらず、事務室から出てこられ場内の案内などご丁寧に対応してくださいました。
この場をかりてお礼申し上げます。土岐さんありがとうございました。
アニキボンバイエにも参加いたしますのでよろしくお願いいたします。


  

Posted by 京橋博士 at 02:38Comments(7)∇ 竹内義和さん

2009年11月24日

熱いぞ!アニキ入魂の書「ガチョポンの約束」

竹内アニキ、待望の長編小説「ガチョポンの約束」が発売されました。

私は、サイキック青年団の「聖地」こと旭屋書店本店で入手しました。
…ところが…

この本を入手するまで、店内で探しに探しまくりました。
というのも、本が見つからない…
梅田の旭屋書店なら、たいてい、アニキの新刊は入り口のあたりに平積みされていたものですが、
本が置いていない…

仕方がいないので店員さんに探してもらいました。

「タイトルは何でしょう?」
「ガチャポンの冒険です…」

店員さんはパソコンで検索します。

「あれ?置いてないですね…」
「え~??…じゃ”竹内義和”で検索してください…」
「ガチョポンの約束ですね…」
「そうそう、それですわ…(ふぅ~)」

店員さんの「置いていない」の一言で一瞬焦りましたが、単に私がタイトルを言い間違えたためです。
そりゃ、検索で出てこないわなぁ。

いきなり間違ったタイトルを店員さんに告げてしまいましたが、まぁともあれ入手しました。


淀屋橋のカフェ店でじっくりと読みました。

さて…
ここから、いろいろと感想を述べたいところですが、「ネタバレ」になってしまいますので、あえて、内容を割愛させていただきます。
(そのため、少し具体性が欠けますのでご了承を…)

ひとこと…

なんてピュアなストーリーなんでしょう!!!

ピュア…どこまでもピュア

そして熱い

この本…あのアニキが執筆したんでしょう?
つい最近まで、ワッハ上方ホールで、アニキは多くの女性客の前で「黒人の射精」の話や「ちんちん」の話をしてたんでっせぇ?

そんな「ちんちん」の話をしていた50代のオッサンがこんなピュアで熱いストーリーを書くとは!!

本を読み進みます…
おもしろい!ハラハラドキドキする展開です。

ところが、中盤まで読み進むと、ガラリとストーリーの様相が変わります。
美しい…
主人公とヒロインのやりとりが美しい
148頁あたりから、目頭が熱くなり鼻がツーンと来ましたよ…
(いつの間にか、熱い涙がこぼれていました…)


いや~、こんな気持ちよい小説は久しぶりです。
一方、全ての登場人物がみんな「いい人」で、若干、大映テレビ的なやや強引な展開もありますが、これはこれでOKですよ!

そして、ラストです。

ラストでは、涙が止まりませんでしたよ…
熱い…本当に熱い…

主人公とヒロインの「カタルシス」がしっかり形成されています。
これがまた上手い!

いやぁ~よかったぁ~~面白くて感動しました!


私個人的には、ラストの一文が「グッ」と来るモノがありました。

実のところ…最近の私は少々疲れていました…
「俺には明日があるのかなぁ~」と…
自分の将来に悲観したり、「今の自分にプライドを持つこと」ができませんでした。
そう…主人公の悠斗のように…

しかし、最後の一文は今の私に多大な勇気を与えてくれました。


ありがとう、アニキ…




  

Posted by 京橋博士 at 01:16Comments(3)∇ 竹内義和さん

2009年11月03日

「竹内義和×大槻ケンヂ 達観のススメ」に参加

おた電企画トークイベント「竹内義和×大槻ケンヂ 達観のススメ」に行ってきました。

昨日(11月2日)、会場のワッハホールから、携帯メールで「ただいま、ワッハ上方にいます」との記事を当ブログにて掲載しましたが、今回はその報告です。

(公演終了後から24時間以上経過していますが…)


17時15分、
大阪近郊の勤務先から急いで難波へ…


18時半頃、会場のワッハホールに到着。
既にホール前のロビーには、多くのファンが詰めかけていました。
ホールへ入場する際、チケットを係員へ渡しますが、その係人の中に「土岐さん」の姿が…
私は土岐さんにチケットを渡すとき、思わず軽く会釈してしまいました。

(当然ながら、土岐さんは私のことを分からず…)


19時、公演開始。
竹内アニキ、大槻ケンヂさん登場。

待ってましたよ~!アニキ!

本トークライブのコンセプトは「大人な二人の粋なトーク…」
大槻ケンヂさんは40代、一方の竹内アニキは50代。
そんな「大人の二人」はどんな粋なトークを繰り広げるのでしょうか…?


…と思いきや…、いつものアニキ節でした(笑)

話は例のごとく「お下」の方向へ…
この手のヨゴレなトークになると、アニキの本領発揮です。

竹内アニキは「世界のびっくり人間」のエピソードを披露。
その「びっくり人間」とは…

何も使わず射精する黒人男性…

竹内アニキ
「その黒人は仁王立ちになって、独りでにちんちんがグッグっと大きくなるんですよ…そしてピュッと射精するんですわ…」

って、アニキ…
今まで20年サイキックを聞いたわけですが、そんな話初めて聞きましたよ…(笑)
アニキは相変わらず「ネタの引き出し」が多いこと…(ゲッスイヨゴレ話に関してですが…)


この後、さらにアニキのトークが加速します。

竹内アニキ、続いて「エッチのマナー??」を指南。

アニキによると、ご自身のおちんちんに弱いところがあるとか…
亀頭の裏側は攻められても案外平気だが、上の部分はかなり弱いと…

そして、いざ、女性と「いたす」際、女性がおちんちんの弱い部分を攻めてきた場合、アニキは「男」として拒否の姿勢を示すことができないと言います。
いわゆる「武士は食わねど高楊枝」なのでしょうか?

そこで、アニキはエッチをする前に、女性に「自分の弱いところ」を示すのです。

「僕はここが弱いんだね…」

と、さらっと言うのがコツ。
これが「大人のマナー」だと…アニキ…

さすが、50過ぎのアニキは違いますなぁ~~
大人ですな…


そんな、楽しいトークが続いて、最後は大槻ケンヂさんの持ち歌を披露。
素晴らしい曲でした!!
ちょっと感動しましたね…
大槻さんも「良い曲ですよ~」と自画自賛をしていましたが、確かに大槻さんが仰るように本当に良い曲でした。


大人の二人の粋なトーク

確かに大人のトークでした???





  

Posted by 京橋博士 at 23:33Comments(7)∇ 竹内義和さん

2009年07月22日

待ってました!アニキラジオ!

ついに始まりました!竹内アニキのラジオ番組「竹内義和のオタク部屋」
ラジオを聞かれた方も多いのではないでしょうか?

”ラジオ”といえどもAMラジオ等の一般的な放送でなく、このオタクの電脳ブログのネットラジオなんですが、どんなものであれ、アニキの声を聞けることはとても喜ばしい限りです!

3月に「誠のサイキック青年団」が終了し、アニキの肉声に触れることができない厳しい状況が続いていました…そんな状況のなか、私は録音したサイキックの音声を何度も繰り返し聴いて、飢えを凌いでました。

そこで、ようやくアニキのラジオ開始です。

オタクの電脳ブログによる「竹内義和のオタク部屋」配信開始は、我々サイキッカーにとって非常にハッピーな出来事だと思います。

さて、私の”アニキラジオ”の視聴スタイルなんですが、私の場合、SonyのウォークマンXシリーズを使って直接ネットからダウンロードしています。






このウォークマンは優れもので、オタクの電脳ブログサーバにアクセスすれば”スルスル~”と、ラジオをダウンロードしてくれます。


第一回目の放送を聴きました。

「え~今回から始まりましたオタク部屋です…」と竹内アニキの肉声が…
お~~~ぅ、キタキターぁ、久しぶりのアニキの声です。
心に染みわたるアニキの声…渇いたのどに極冷えの水をゴクゴク飲む感覚に近いモノがあります。

竹内アニキのお相手を務めるのがアトリエmimiのメイド嬢”いよな”さんです。
いよなさんの可愛らしい声がラジオを引き立ててくれます。

そこで早速アニキです…

メイド服を着たいよなさんに向かって、アニキのメイド服に対する熱い思いを語ります。

「メイド嬢にはメイド服をいつでもどこでも着てもらいたい…」
「エッチするときもメイド服を着て欲しい」とアニキ…

さらに話題は進み、アニキがドンキホーテで目撃したメイド服を購入した巨体のオバハンのエピソードを披露します。

「あんたがメイド服を着るんかいな…」と思わせるような巨体のオバハンに対して、いよなさんが”それはたちが悪い”と話すと、アニキはピクンと反応し…
「そう、勃ちがわるいんですよ」とアニキ…

「たち」を「男性自身の勃ち」と解したいよなさんは、「うふふふ」とほほえみ笑い。

アニキ、相変わらずです…

まぁアニキもアニキなんですが、そんなアニキに対するいよなさんは”ご立派”です。
何が”ご立派”かといいますと、アニキのエロい返しに対しても、いよなさんは実にうまく返します。
私はいよなさんのブログをよく拝見しますが、ブログから伝わるいよなさんは「非常におっとりした」感じを受けました。
ところが、ラジオでのいよなさんは受け答えがしっかりしており、聡明な女性だと思います。


そんな、愉快で楽しいラジオ。
楽しいラジオなんですが、ただ一点…
「時間が短い…」

これです。
10分足らずの番組はちょっと物足りない感じがします。
現在の配信はβバージョンであり、有料の本配信になればもう少し長くなると思いますが、今の10分は短い感じが否めません。

まぁ、ともあれ、アニキのラジオの開始です。
これは、サイキック終了からの「大きな前進」であります。

このラジオが、本放送となり時間も拡大して本格的なラジオ番組になり、そこで誠さんも登場する

そんな予感(妄想?)を感じさせるようなラジオであります。





  

Posted by 京橋博士 at 05:50Comments(4)∇ 竹内義和さん