アクセスカウンタ
プロフィール
京橋博士
京橋博士
朝日放送ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(2009年3月終了)元リスナーです。
個人のメモ帳みたいなものですが、よろしくお願いいたします。
Information
オタクの電脳

2011年01月17日

新年会!

1月3日、京都の誠のお店「ワインバーテラ三条店」で開かれた新年会に参加してきましたので簡単に報告します。

昨年12月で開かれた天満橋テラでの忘年会と同様に、北野誠さんがツイッターで参加を呼びかけて実現した催しです。

私はおた電、ツイッター上で知り合いになった方々とご一緒に入店しました。

店に入るなり「お~!来てくれたかぁ!」と元気な声が…
誠さんです。

当然ながら誠さんも参加されていますが、誠さんの話によると「あの方」もお店に駆けつけるとか…
竹内さん…そう、あの竹内義和先生が来られるとのことです!
これはサプライズです!

「京橋のTSUTAYAに行ってビデオをレンタルする…」という内容の竹内さんのツイッターを見た誠さんが「正月なのにアニキは寂しくビデオや…」との誠さんの気遣いにより、誠さんが竹内さんを呼んだわけです。

さて、まもなく新年会が開かれる時間になりますが、竹内さんはまだ来られない…
すると、誠さんのケータイに竹内さんのメールが…

「今、京阪の丹波橋駅です…」





竹内さんのメールを読んだ誠さんは一安心…竹内さんは、なんとか三条には到着できるようです。

新年会が始まり、しばらくするとあの方が遂に入店!!





そう、竹内さんが到着!!
会場に集まった皆さんは「キタぁー」という驚きで大きな拍手で竹内さんを迎えました。











竹内さんが入店するなり、誠さんと楽しいトークを…
その様子を目撃した会場のサイキッカーは感動

すると、店内からさりげなくあの曲が流れてきました。
「リアルワイルドチャイルド」
そう!サイキック青年団のオープニング曲です!!
この曲で店内はヒートアップ。

この曲が流れると、私も含めてサイキッカー数人の頬から熱い涙がこぼれました…
「ついにこの日が来たんだ!」





さて、新年会はお開きに…

誠さんと竹内さんが思い出を語り合います。
すると店内からあのBGMが…

「コニーアイランドベイビー」

そう、サイキックのエンディング曲です。
実はこの曲、私が持ってきたCDを流したんですよ!
私のちょっとした「悪戯」なわけですが、自分が仕掛けたネタなのに私も感動して頬から再び熱い涙がこぼれてきました……

ふいと隣の某有名サイキッカーを見ると嗚咽を出して「大泣き」されていました。


この日が来たんだ…


この日の出来事について、私はこれ以上語れません。


ひとつ言えることは、「誠のサイキック青年団」はアンテナ工事で休止していただけだったのです。




  

2009年08月16日

やっぱり怖い!心霊ビデオ

お盆です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?(お仕事の方も多いかも?)

さて、毎年この時期にサイキックで怪談特集を放送していました。
それにしてもサイキックで取り上げられる怪談は本当に怖い!

小学生の頃、日テレ系TV番組「お昼のワイドショー」のコーナー「あなたの知らない世界」を見てよく怖がっていたもんですが、中学生の頃サイキックを聞き始めて、「世の中にこんな怖い話があるんか…」とサイキックの怖い話を布団の中で震えながら聴いていました。
当然ながら、あなたの知らない世界よりサイキックの怪談が遙かに怖いものです。


さて、サイキックで話題に上がった数多くの怪談, ミステリーなんですが、なかでも一番インパクトがあったのが、あの「心霊ビデオ」だと思います。

その心霊ビデオとは…
サイキッカーの方はよくご存じだと思いますが、赤外線撮影に映った「人の顔」です。
肝試しとして松竹芸能の若手芸人が、とある廃墟でビデオ撮影を行ったところ、こちらを「睨めつるような」恐ろしい目をした人の顔が映っていたビデオです。


さて、このビデオなんですが、テレビ番組の心霊特集として放送されました。


この録画した番組を改めてみました。
ここで、確認してみましょう…

(見たくない人は、このブログを閉じてしまいましょう(笑))













怖~~~~~


目がはっきり映っていますね…これは怖い!!

っで、この番組、さらに話は進みます。
某霊能力者が登場し、映像に映った顔の主を突き止めます。

ここからよくあるオカルト番組の展開となり、霊能者による”浄霊”が始まります。
(番組では”除霊”じゃなく”浄霊”という表現を用いていました)






霊能者によると、この顔の正体は男1体、女2体の”霊”が複合的に絡んでいるという…
分かったような分からないような結論でした。





さて、この番組の放送後、誠さんはサイキックで霊能者による”浄霊”とかでなく、もっと”科学的”に突き止めて欲しかったと話していました。
確かに、最近のオカルト番組は科学的に解明するといった主旨の内容が少なくなりましたね。
昔やっていた、MBSワイドYOUの「心霊写真を暴く」というのやら…






その誠さんも、この番組に出演されてました。
心霊やお化けといったモノは確かに怖い存在かもしれませんが、私は「生きた人間」「この世」のほうが遙かに恐ろしいと最近感じるようになりました。

誠さんはこの春から「無期限謹慎」という非常に厳しい対応を受けました。
この世は「理不尽な世界」です。
一人のタレント生命を脅かすようなことが、まかり通ってしまう世界です…

生きた人間、この世が本当に怖いのです…

誠さん、待ってますよ~



  

2008年11月01日

”濃い口トークミーティング”京都公演参加!

今日は待ちに待ったお楽しみの日。

濃い口トークミーティングin京都円山公園に参加しました。

天気は快晴!素晴らしい天気です。


今年の円山公園イベントも最高におもしろかったです。

気になる”答えの言えないクイズ”ネタもバンバン出てきました。
会場で熱心にメモを取るサイキッカーに対して、誠さんの「ちょっと君のメモを見せてみぃ」で始まる恒例のメモチェックで場内は大爆笑です。

それに関連して、竹内アニキのげっすい下ネタトークはめちゃくちゃおもしろかったです。
腹を抱えて笑いましたよ~。
普段、大声で笑う機会がないので、イベント参加は最高のストレス発散になります。
「ちょっと尾籠(びろう)な話なんですけど…」で始まる竹内アニキ。
「あんたのその手の話はたいがいげっすいねん!」と誠さんの突っ込み。
その時のアニキの表情はほんと嬉しそう。

お二人のトークの中で、ジャンプ氏の”しみじみと泣かせる”話もおもしろかった。
イベントの内容なので精細には言えませんが、板井さんの近況報告もあり、ある意味20周年記念に相応しいトークでした。

ラストはいつものように”御大”ネタで終了。

次回のイベンは12月20日、中之島中央公会堂で3時間半のトークらしいですよ。
(精細は正式発表で…)
楽しみですな。


写真は快晴の円山公園

  

2008年10月31日

円山公園は晴れ

明日は濃い口トークミーティング京都公演です!

気になるお天気ですが、
午後は晴れそうです。
(左図は京都市東山区の天気予報)

最近の円山公園イベントは雨続きでした。
晴れると最高のステージなんですが、雨が降ると最悪です。
お天気で全てが決まるイベントなんです。

ところで、円山公園のイベントは独特な空気感があります。
観覧者からの質問に直接答えるという独自スタイルが他のサイキックイベントと異なります。
また観覧者がサイキッカーなんで、質問内容も異様に”濃い”です。

昨年では、”裏DVD販売をやりたい”だのとんでもない質問がありました。
サイキックのイベントではなんでもありです。

とんちんかんな質問が出る一方、やはり質問事項の多くが”答えの言えないクイズ”の正解の”ヒント”に関することです。
(正解でなく、正解の”ヒント”ですよ)

例年、これで大盛り上がりです。

私が気になる、答えの言えないクイズは以下です。

・ラブホの一室で亀甲縛りをされ宙づりされていた女優と、その女優を宙づりにしたSM好き映画監督は?

・第二の沢尻エリカは誰?二人いるとのこと

・電話を盗み聞きしたら「あの人」がゲイだとわかった。電話の相手が男で喧嘩をしていた。「あの人」は前々からゲイだと噂されていた。

・六本木の高級カラオケ店のVIP部屋を年間25万円で買った床急ぎな人は誰?
その部屋はシャワーもベッドも装備していること。

・あるグラビアアイドルのスポンサーはあの”先生”。このアイドルと先生は?


小心者なので誰か質問してくれないかなぁ~
  

2008年10月23日

オリコンスタイルでサイキックニュース

サイキッカーの雑談部屋で「サイキックの番組ネタがネットニュースで取り上げられている…」とのスレッドがありました。
スレッドによると、そのネットニュースとは「オリコンスタイル」というオリコンのポータルサイトとのことでした。


っで、取り上げられた記事とは、

「北野誠、リア・ディゾン結婚にファンの感情逆なでしていると批判」

という記事。



先日の放送で、誠さん竹内さんがリアディゾンの「中だし婚」を批判していたことについて、そのまま記事にしています。
サイキックの放送内容がそっくりそのままニュース記事になるとは…
しかもご丁寧に「ガッツポーズ」の誠さんが掲載されており、なんだか誠さんが「リアに一発かましてやったぁ~」ってな感じに見えます。

昨年、同じリアディゾンのネタで、アメリカB級エログラビア時代のエロ写真に「具」が写っていたことについても、アサヒ芸能がスクープ記事として取り上げられたこともありました。

サイキックの放送内容がこのような形で広がると、あの山本リ●ダ事件のように、後々ややここしいことが発生しそうでちょっと心配です。
マスコミ関係者の皆様、サイキックのことは”そっと”して下さいな…

っで、このオリコンスタイル。
他のサイキック関連記事でこんなモノもあります。


「北野誠、冠ラジオ番組20周年で"続投"を宣言!」




この夏行われた厚生年金イベントの記事です。
さらには、写真ライブラリーも掲載されています。



サイキックをこんなに取り上げるメジャーサイトも珍しいモノです。
オリコンスタイルの編集者の中にサイキッカーが紛れ込んでいる可能性ありです。
  

2008年10月12日

思い出のサイキックグッズ(2)

思い出のサイキックグッズということで、誠さんの著書「噂の定番」に続いて第二弾。

「16年目のサイキック読本」です。
3年前に出版された、サイキック本です。



2005年9月10日、旭屋書店本店で開催されました出版記念イベントに参加しました。
そのときの写真です。





※この写真は"隠し撮り"ではありません。なお、他のリスナーも写真撮影されており、あるリスナーが「サイン会の写真を自分のホームページに掲載したい」と申し出がありました。このとき誠さんが「OK」を出されましたので、本ブログで掲載しました。

イベントとはサイン会なんですが、誠さんのトークが始まります。
(基本的にはサイン会なので竹内アニキはあまりしゃべりません。もちろんサイン会なので、わざわざトークをする必要はありません。誠さんがファンサービスとのことでトークをされます)

誠さんのトークはもちろんサイキックトーク。
気になる「答えの言えないクイズ」の"ヒント"をこっそり…ていうか堂々と教えてくれます。
また、これで会場のリスナーは大盛り上がりです。
サイン会なんですが、ちょっとしたイベントでもあります。


頂きました、サインです。





私の宝物です。
  

2008年09月29日

円山野音 濃い口イベントチケット予約完了

本日、11月1日(土)京都市円山公園音楽堂で行われる”濃い口”トークミーティング2008のチケットを予約しましたことを報告します。(チラシ裏に書くようなネタですみません)

朝10時から予約開始でしたが、すっかり忘れてしまい、昼の12時頃まで寝ていました。慌てて、ネットの”ぴあ”で、なんとか予約できました。
円山は比較的スムーズにチケットを取得できますが、これが夏のイベントだと夜の部は則NGだと思います。昨年の中之島中央公会堂では、同じように寝坊でチケットの予約を忘れてしまい、昼頃には完売していました。特に、中央公会堂はキャパが少なめなのか、なかなかチケットを取得できないようです。

っで、私のサイキックイベント参加スケジュールですが、28日、東京のロフトプラスワンでDVD発売イベントが行われましたが欠席です。
最近、東京九段のイベントも参加していましたが、今年は小さなイベントだったので、高い交通費を出してまでも参加する必要はないと思いまして不参加です。

そして、「誠魂2」ですが、これも都合が合わず不参加です。

よって、これらのイベントに関しては、このブログでお伝えできません…。

まぁ、今日のロフトイベントも参加してもよかったかな?と今となって後悔していますが(笑)
  

2008年09月06日

思い出のサイキックグッズ

本棚のちょっと奥まったところに、こんな本を見つけました。



「噂の定番 北野誠著 (メタモル出版)」

そうです、サイキック初期の頃、誠さんが本格的に執筆した初めての著書です。
1990年4月10日 発行…と書いてあります。実に18年前!です。
ちょっと目次をペラペラっとめくってみますと…



第2章 アイドルの人気指数と写真集露出度の相関関係における学術的考察

 あの、「電動こけし」柏原芳恵だからやってくれると思ったのに11PMだった
 
 武田久美子の笹の葉と貝殻は読者のニーズを完全につかんでいる


っといった、番組でも取り上げた懐かしいネタがあります。今でも、柏原芳恵の話題になると「電動こけし」と出てきますよね。
 ※ちなみに川島なおみは「車だんきち」「カンニング」「スプーンオナニー」…
 ※電動こけしって、空港の探知機で本当に反応するのだろうか?エガちゃんが北朝鮮で実験しているらしいが?


今の放送でもアイドルやその写真集のネタが多いことから、基本的には番組初期から現在まであまり変化(進歩?)していません。
誠さんは、この本を出版した頃の「サブカル兄さん」から、今では娘,息子を持つ良き”パパ”なんですが、竹内アニキは番組初期から全く変わっていないように感じます。今や嵐ファンですもんな。

さて、出版当時の誠さんの写真



めっちゃ若い…ちょっとふっくらしています。

  

2008年09月03日

「濃い口」トークミーティング2008参加!

前回のDVD入手の記事で掲載しましたが、8月30日大阪厚生年金会館大ホールで盛大に行われた、「濃い口」トークミーティング2008に参加しました。
当然ながら?昼夜の参加です。

昼の部は、ゲストで大川総裁、浅草キッドが出演。大槻ケンヂ氏は欠席のこと。
昼の部は、夜に比べて人気が無いようですが、昼の部は夜とまた違ったおもしろさがあると思います。個人的には、夜の部よりもエキサイティングな感じがすることもあります。
大川興業メンバーによる、背中で物まねを行う芸は味わい深いモノです。かつての土井まさるが司会をやっていた「奇人変人コーナー」を思い出させてくれます。

夜の部オープニングの恒例ビデオショーもめちゃ面白かったです。過去公開したビデオショーもまとめてDVDで出してほしい(濃い口DVD第二弾として、是非!)
(っで、オープニングアナウンスの中国語とハングル語は何でしょうか?AMラジオ波は大陸まで飛んでることがあるので、中国人リスナーもいるのでしょうか?)

さて、私のイベント参加歴はリスナー歴の割には短く6年目です。
初期の頃、無料のサイキック関連のイベントに参加したことはありました。本当に初期の頃、朝日放送で「ラジオシティ」という帯番組があり、水曜レギュラーに我らが竹内アニキと「ちわきまゆみ」で出演していました。その番組イベントです。
今は無き阪急ファイブの空の間広場で行われましたが、主催者側は、ハイソなミュージシャンと若手作家とのオシャレなトークショーという触れ込みで行われたわけです。ところが、集まった客は大量のヲタク少年達。さらにアニキはVTRショーとか言って、NHKの歌のお姉さんのパンチラ映像や、腎臓を売って当時大もうけしていた杉山会長がミッキー安川に向かって札束パンチを浴びせる映像だのヨゴレ全開のVTRばかり…。とうとう、ヨゴレVTRと大量のヲタク少年に囲まれた多くのオシャレな店舗は、開店時だというのに次々とシャッターを閉め始めました。そんな様子を見たアニキは「我々に心を閉ざしている…」と揶揄していましたが、それほどファイブのオシャレな店は迷惑だったのです。懐かしい思い出です(笑)

最近のサイキックイベントでは、あの頃のラジオシティのイベントに比べて遙かに女性客が増え、年齢層上がった感じがします。初期のサイキックは正にヲタク少年のパラダイスだったわけです。

さて、今年のイベントの話にもどって…最期に誠さんが番組永久?続投を表明されました。ただし永久といえども、御大のXデーまでのようです。今年のイベントではややこしいことがあったようで、20周年なのに板井氏が完全卒業という若干惜しいことがありましたが、とにかく無事に20年目を迎えました。

誠さん、アニキ、いつまでもついて行くっすよぉ~!


  

2008年09月02日

「濃い口」トークラジオDVD入手!

サイキッカーなら絶対手に入れておきたいグッズ、「濃い口」トークラジオDVD入手しました。
8月30日厚生年金会館でのイベント会場で購入しました。
サイキッカーの皆さんはごらんになりましたか?
先ずは、このDVDの感想でも…。

本来はこのDVDも「サイキック青年団」というタイトルが入るはずだったのですが、とある事情でNGになったわけです。(アフォな奴のためですな…)

このDVD、アニキ(竹内先生)が約二時間に渡って、テレビで見つけた素敵なアイドル(正確に言うとヨゴレアイドル)について、アニキお得意の妄想を交えて思いを語るという濃い内容です。

先ずは、本田理沙。確か、番組初期の頃、アニキが本田嬢について熱く語っていたのを覚えています。当時は他のアイドルに比べてちょっと色っぽい感でした。アニキは番組で「口元がやらしい、○フェしてほしい…」だの、ヨゴレ妄想全開で語っておりました。
DVDでは、現在の本田嬢に会いに行くわけですが、30代後半の彼女は今でもエロい感じでした。芸能界復帰という彼女ですが、ポスト杉田かおるでも狙っているのでしょうか?
この後、次々とヨゴレアイドル…いや、サイキック的な素敵なアイドルが登場してきます。

DVDで、お二人が「土屋アンナや小雪といった女には興味がわかない」と話しておりました。確かにそうでしょうね、世の男性の大半はそんな感じじゃないでしょうか?「ヨゴレ」といいますか、いわゆる「生活臭」でしょうか、そう言った「臭い」がしてこそ、「妄想」ができるわけです。「この娘はどんな生活をしているのかな?」「この娘はどんな男に弱いかな」とかいった想像(妄想)できるわけです。浜崎あゆみとかいった洗練?された女性は、どんな生活をしているかさえ謎ですよね。
anan等の女性雑誌は、「貴方も努力して土屋アンナみたいな女性になれる!…」ってなキャッチコピーにあふれておりますが、そんなムダな努力はする必要は無いと思いますよね。

さて、このDVDはサイキッカーとしては、十分なクオリティーだと思います。是非とも第2弾も出してほしいです!次回は、サイキックで取り上げたコンプレックスグッズや、大江山UFO基地、古代帝国軍(現在はSEX宗教として活動中だとか…)の潜入レポートとかやってほしいですね。